就職活動の解禁日が後ろ倒しされましたが、企業としては内々定みたいなものを出したり、内定を辞退するなら本社に来るようにと圧力をかけるなどの状況もちらほらあっているようです。

就職活動における面接の重要性
就職活動における面接の重要性
NAVI
就職活動における面接の重要性

就職活動における面接の重要性

就職活動の解禁日が後ろ倒しされましたが、企業としては内々定みたいなものを出したり、内定を辞退するなら本社に来るようにと圧力をかけるなどの状況もちらほらあっているようです。このようなことが起こるのも、企業としても優秀な人材を獲得したいと考えていることの裏返しです。企業としても、まだ何の実績もない新卒者を採用するわけですから、企業に貢献できるポテンシャルを持っているか否かを見極めようとしています。その際重要になってくるのが、面接です。

学生は、大学を卒業してくるわけですから、それなりの専門知識を持っていることが前提とされます。面接においては、理系の学生については、技術系の職種であれば、その職種に必要な基礎的な知識が身に付いているかを問う質問が行われることになります。一方、文系の学生については、もちろん専門知識を身に付けてはいますが、その知識が仕事に直結するとは限りません。面接における、コミュニケーション力があるのかとか、いわゆる社会人基礎力を問うことになります。どのような職場であっても、人間同士が仕事をするわけですので、円滑な人間関係を築くことはもちろん、論理的に物事を話すことができる能力は基本的に必要とされますので、つまらない質問であってもそのあたりを見られていることを忘れずに面接に臨む必要があります。

就職・転職・求人でも話題の求人に関わる話は、ネットならここがお勧め!!